05 ギリシャ
Top Page >  05 ギリシャ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまり雰囲気が気に食わんかったギリシャ。特にアテネ…




■ギリシャでもらったもの
コーヒー
ケーキ
ヨーグルトドリンク

すべてニックから。


■ギリシャで言われたこと
『I don't know.』 数えきれないくらい
『にっぽん?』 ×1






ギリシャ、まず汚い。
そんで、犬の糞がはんぱない。
思わず『えっっ…人の………?』と疑うくらいのでかさ。

臭いかと思いきや、それ以上にホコリっぽいから
意外ににおっていない。
あるいはカラカラに乾いているからなんか…。


歩いていると、目にゴミが入る in アテネ。





料理はピタしか食べてないからよくわかんない。
とにかく、きたない。

アテネに限って言えば、人が病んでるように見えること多々。




ただ、5人に1人はいい人やったと思う。
丁寧に道教えてくれたり、助けてくれたり。
嫌な人ばっかじゃないけど、全体的に雰囲気が暗いんだなー。





あぁ、早くこの国でたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたいでたい


って思った国でした。




あっエーゲ海の島々は別!素敵なとこやった!
スポンサーサイト
朝起きてチェックアウトするか、延泊するか、迷う。
いやだめだ!チェックアウトするんだ!
と思って準備をし始める…………が、夢だった。



あかん!起きなあかん!


やっと現実に起きて準備。
そういやチェックアウトの時間聞いてないし。
そう思って慌てて準備。10時に出れば大丈夫やろ。




ニックにチェックアウトを告げてしばらくいていいか聞くと、
『もちろん!』といってコーヒーを持ってきてくれた。
まじいい人だ…………30歳超えてるかと思いきや、27だったという驚き…。



そのままネットで次の情報収集をし始めようとするけど、
ニックのおしゃべりとまらず、なんか面白いからしゃべる。

ニックは日本人に初めてあったらしく、興奮気味。

とりあえず簡単な日本語を教えてあげて、鶴を折ってあげた。
でも鶴の折り方を忘れててネットで見ながら折った…だめな日本人…。



ニック『街を案内してあげるよ!』



どんだけいい人なんだ!
そのままニックに着いて謎いっぱいのテッサロニキの街を歩く。




この街すごかった!











ビザンティン建築の古い教会。
表向きはなんだか普通なんだけど、中がすごい。








びゃーん








柱細かっ!さすがギリシャ正教。








一番すごかった地下礼拝堂。
すんごい広い。とにかく広くて古い。







その他にも





ローマ時代のマーケット。古い!








街のシンボルの白い塔。








あれきさんどらなんとかかんとかさん











などなど古くて趣のある建物が結構あった。
しかもテッサロニキは港町のため、景色もいい!(海水は濁ってるけど…)
のんびりしてていい感じ。アテネよりこっちの方が好きだ。

情報持ってなかったけどニックのおかげでちゃんと観光できた…



テッサロニキは日本人はおろかアジア人をほとんど見かけない。
皆スルーするんだろうな。私も最初そうしようと思ってたし。
でも観光してみれば結構いい街やった。










ニックと。ニック身長低いんだ。
ほら、肩に腕乗っけてるけど、無理がある。
→前の記事のつづき





そのまま電車に20分ほどゆられて乗換の駅へ。
パレオファルサロス…やったと思う。
アナウンスで『テッサロニキ!!むにゃむにゃテッサロニキ!!』
とかギリシャ語で流れるから多分わかると思う…。
(アテネ行きはダイレクトやった)



そしてパレオファルサロス駅で乗換の電車待ち。
40分くらい遅れる。いやぁめっちゃ不安やったー。
電車あってるかどうかわからんもんねー。
隣にいたおっちゃんがたまたま英語しゃべれたおかげで
確認できなかったら胃に穴あいてたよ。


そして今度はようかわらんけどめっちゃ速かった…
『ぐおお!ぐおお!!!』って車輪がうなるもんだから
絶対無理して走らせてたね。(遅れてたからね)




なんとか当初の聞いていた予定時刻、21時にテッサロニキ到着。





さぁ、どうしよう。
宿情報1件しかメモってない。ガイドブックない。
ツーリストインフォ的なとこオールクローズ………










とにかく、この宿にいくしかない。
満室と言われないことを祈って…。







タクシーか。歩くか。バスか。

とりあえずバスのおじちゃんにメモとパソコンでキャプチャしたマップ見せる。




『ここから8キロくらいだ』




歩くの却下。




『14番バスにのって15番に乗り換えたらいける』




すげーハードル高い………。
でもおっちゃん優しいしこの街治安よさそうだし、
できる限りやってみよかなって魔が差す。




とりあえず14番のバスに乗って運転手に聞く。
運転手、英語しゃべれない…ジーザス!
運転手、若い女の子をヘルプで通訳にする。
乗換の場所確認!無事降車!!



さぁ次は15番だ。



大学が近くにあるらしく、人がうじゃうじゃ。
よかった…治安いいここ…………




人のよさそうなおばちゃんに聞く。




『この道左まっすぐ』




おーおーアバウト…でも親切…
とりあえずそっちに向かってると15番バス横通過。
えーえーえーえーえ乗りたい!走る、けどもちろん間に合わず。





待つ。
来る。
乗る。
聞く。
下りる。






反対方向乗ってたらしい…












あーもうそろそろタイムアップだな!と思って



タクシー捕まえる。
タクシー運転手、迷う。
それを見て、自力には無理があったと悟る。









そしてやっと到着………………超疲れた。。








タクシー運転手、めっちゃいい人。『迷ったから』と言ってまけてくれた。
宿のニックも、めっちゃいい人。この疲れに優しさがしみる。





アテネとは大違いだ………………。(アテネの人って狂ってる?と思ったことしばしば)





宿はツインをシェアーで15ユーロ。
本当は11.50ユーロのドミねらってたんだけど
団体が占領していたためできなかった…まぁ満室じゃなくてよかった!




久しぶりの冒険でした。
なんとかなるのはわかってるんだけど、しんどいから
やっぱり事前に情報収集する派が向いてると思った今回の移動。


あーまじで疲れた!
アテネ→カランバカ(メテオラ)→テッサロニキと移動したよ!



朝チェックアウトして、宿から徒歩数分のラリッサ駅へ。
そこでカランバカ行き、8:20発の国鉄のチケット購入。(14.60ユーロ)
ちなみに電車は当日窓口でしか買えんみたい。

私が買ったチケットはダイレクトで乗換なしやった。

そのまま5時間くらいかけて終点カランバカに。
電車めっちゃ遅い。地元のローカル電車くらい遅い。
ふと窓の外を見てたら原付に抜かれてたんだぜ………。



さぁ宿を探すか、どうしようかなーって思ってたら
17:30発のテッサロニキがあること判明。

おぉ、じゃあコレに乗ればここで一泊せんでもいける!
と思って思わずチケット購入。(16.50ユーロ?やったかな)





買った後気付いたんだけど、
ということは、今から3時間半で観光を終えなくちゃいかん…
カランバカから修道院のあるメテオラまではバスかトレッキング(1時間)…
往復だから×2…

あーやってしまった。むりむり3時間半むりむり!!
と思って、タクシーツアーにしたよ。セレブ!(48ユーロ)

がんばったけど、2ユーロしか値切れなかった…
どうやったらうまく値切れるようになるんだろう。






でもメテオラ、すんごいよかった!






こんなところに修道院がたってる。














登るのきっつい。














ひえぇ












絶景!













修道院は入れるとこもあるよ!(休みの日に注意)一律2ユーロ。
露出の高い服だめ!とかガイドブックに乗ってるらしいけど
下に限って言えば布をかしてくれるから問題ない。
上だけ気をつけたらいいと思う。










ちなみに今回ノーガイドブックだったため、
タクシーの兄ちゃんの説明オンリー!(英語)

メテオラには複数の修道院があるんだけど
写真撮ってたらどれがどれかようわからんくなった。。
ので、ハガキを買って後で確認した。








上段左から ニコラス・ルソノー・ステファン
下段左から ホーリートリニティ・メテオロン・バーラーン(←読み方自信なし)








観光終わってジャストインタイム!に駅到着。
あータクシーって楽チンやね……。







つづく。
さあ、今日は考古学博物館へ行って
アルカイックスマイルを拝むぞ!!

って思ってたんだけど、ストのせいで博物館も休館………

なぜなら、博物館の目の前がストの集合場所らしく
えらい人だかり








\わーわー/

110511_4.jpg






\がやがや/

110511_5.jpg










残念すぎる…

110511_3.jpg













しょうがないから明日以降のための買い出しだけいったよ









ここ市庁舎。

110511_1.jpg

はと多すぎやろ。












今回泊まったアテネの宿!

110511_2.jpg

San Remo Hostel

12€/MIXドミ/キッチン/フリーWi-Fi/部屋にバスルーム/朝食4€
メトロにも国鉄にも近いという好立地!周りは観光会社が多く、バス利用にも便利。
パルテノンとかまでは徒歩30分くらい?

部屋きれい、掃除丁寧。
キッチン付きがあんまりない中でここは付いてる。

レセプションのスリランカ人のご夫婦いい人。
奥さんはちょっと神経質っぽいけど、そんな彼女のおかげで
部屋がきれいなんじゃないだろうか、と思う。



ちなみに私はJ氏が値切ってくれたおかげで11€ですんだ。
『6人泊まるんだからいいだろ?』的な。
でも一人とかなら値切れんと思う。し、なんか申し訳ない気もする…。



いいホステルです。







明日、世界遺産のあるメテオラに行くためにカランバカに移動しまーす。
アテネといえば






110509_3.jpg

パルテノン神殿!!
でも表側はやっぱり絶賛工事中、しかも逆光だったため裏側からヘレテ(こんにちわ)!

感想は、まぁまぁ!歴史わかんないんだな…。











110509_4.jpg

肩がこるのよ。

















国会議事堂の衛兵交代。

110510_2.jpg

やー!






110510_1.jpg

われわれはかえります!








110510_3.jpg

身長高すぎる。
ちなみに12時の交代を見たんだけど、すいてた。







ちなみにアテネ、雰囲気がよくない。
警察がいろんなところにいるから危険は感じないんだけど。

注射器口にくわえてあるいてる男の子みたし。


特にオモニア広場はいろいろいわれてるように、あまりよくなさそう。
ってのもよう見たら雰囲気よろしくなさそうな人結構おるし。

昼間は特に問題はないけれど、夜は絶対通りたくないな、と
直感でそう思った。


せっかくの観光地なのにゴミゴミしててきったないし、
目がすさんでギョロッとしてる人多いし、
運転あらいし…(←注意しないと本当に轢かれそうになる)
居心地の良くない街やなー。







でも宿がいい感じなんで、3泊するよ。
情報収集もしないと!!









今日J氏と佐賀女子3人組、明日S氏がチェックアウト。
明日から久々の一人観光になりそう。
旅行15日してんのに未だに一人観光2日のみ……
そして1日たりとも日本人に会わなかったことなかったという驚き。
明日途切れるか、この記録!



明日は真剣にミュージアム見てこよう。








今日食べたもの。

1105102_1.jpg

ピタ。1.9€の見つけたよ!だいたい2€。
ケバブに似てるけど、味はサンドイッチに近い。
具はチキン・ポーク・ビーフ・ソーセージなど!うまし!




1105102_2.jpg

ピスタチオアイスクリーム!2€。
探すのに苦労した。今日のメインミッションやった。
ミント?っぽい爽快感。うまし!
さらばサモス島!!

110509_1.jpg






ミコノス島までのフェリー(44€)にのっていざエーゲ海に!
船ありえんゴージャスさ。ネット繋がるしファーストクラスあるし。
J氏とS氏と三人だから退屈せん。

おやつ食べたり、昼寝したり、おやつ食べたり。








しかし、ミコノス島行きのこのフェリー、下りるときのチェックがない……
えええこれ無賃区間できちゃうんじゃない????
乗船以外はあまーいセキュリティinギリシャ ∑(・д・ノ)
J氏は存じていた。私もミコノス行きは迷ってた…宿高い…














110509_2.jpg

あーあーミコノスーーーー










そしてスルー……………………………













0時過ぎ、ピレウス着。来ちゃったーーーー…。
(ピレウス・・・アテネの隣町の寄港地)






最初罪悪感があったんだけど、
フェリーのチケット本当は年齢で割引の対象になるはずが
知らなかったのかただやらなかったのか
発券してくれたオフィスの人、教えてくれなかった。
もっと安い金額で乗ることが可能だった。
なので、いいことにしました。
てきとーなんだよっっ。







しかし着いたのが0時過ぎ。

公共交通機関なし。

ピレウス港のまわり、なにもなし。




ウロウロした結果、バスの時間まで野宿。
うわー生まれて初めて。セレブなバックパッカーなのに。。。

ボディーガートが2人いるから可能なこと。
一人だったらタクシー使ってたね。

おかげで宿代一泊ういた!!








でも寒かったー><

起きたら身に覚えのない服が体にかかってる。

あっこれJ氏の服……………………じぇっじぇんとる!!



今までもそうだけど、韓国人男性のジェントルっぷりに驚く毎日。
そんなんされたらワガママになってまうわ!







そのままJ氏の指示に従いバスでメトロの駅に移動。

調べてた宿に向かうためメトロの駅で係に聞く(すべてJ氏がやってくれる)

そんときたまたまカッパドキアで同じ宿だった佐賀女子3人組に会う!
→びっくりする→抱擁→一緒に宿に向かう(彼女らNo Info)→宿ゲット!



しかもJ氏が値切ってくれて一人11€ですんだ………。
宿って値切れるんだ。。




そしてわいわい観光にいきました。
たのしかったです。まる。

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。