14 オーストリア
Top Page >  14 オーストリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
片仮名にすると映画みたいになるからひらがなにしてみた。



0701_1.jpg

これ見た瞬間、なんとなく、らすとえんぺらー…!!
って思ったから。

ウィーン名物ヴィーナーシュニッツェル!


ウィーン滞在最後の日、何食べようか迷った。
OBERLAAのケーキもう一回行くか、ヴィーナーシュニッツェル食べるか。
大問題だ。

でもOBERLAAのケーキはさすがに食い過ぎたから最後くらいカツ!で決着。





もちろん残したよ…半分しか食べられんかった。
旅行中に得た技『無理して食べきる』はしばらく封印だ。
右奥のドリンクはオーストリアのレモネードらしい。うまし!
あとここフィグルミュラーって有名店なんやけど
サラダがめっちゃおいしかったわ。








ウィーンに5日も滞在するバックパッカーなんかそんなおらんやろう。
でも私は5泊もした!実はウィーンって美術館めっちゃいっぱいある。








0701_2.jpg

ベルベデーレ宮殿!(上宮)

なんかこの日は雲がすごかった。だだーん!
ここにはあの有名なクリムトの『接吻』が所蔵されてる。
他、クリムトの作品もあるし、シーレの作品も多い。
たまたまだけど、私が好きなアーノルド・ベックリンも一つあった!ひゃっほう。

私はベックリン目当てでスイスとドイツにいった。








0701_3.jpg

そして同じく宮殿の下宮!
やっぱり遠い!金持ちハプスブルク家!

もちろん行ってない。遠いよ…。











他、1日1個は美術館に入り浸ってだらだら見てた。
ウィーンは『ウィーン分離派』の作品が当たり前だけどとても多くて
今までと違った雰囲気の作品がたくさん見れる。
おしゃれでとてもかわいかったー。

分離派かどうかわかんないけどシーレの作品がたくさん見れたのがよかった。










次はチェコのプラハに行くなり。→今後のルート
スポンサーサイト
0630_1.jpg

ズボンがぱつんぱつんなモーツアルト氏。








オーストリア、モーツアルト、チョコレート、

ザッハトルテ!

ってイメージの私は事前にいろんな人からザッハトルテの情報を仕入れたのだ。






ザッハトルテおいしくない:3名

ザッハトルテおいしいよ:1名

オーストリアのケーキおいしいよ:数名








票が見事に割れてるぜ。



ところで私はザッハトルテを正式に説明できん。
とりあえず『チョコレートケーキのすごいやつ』という認識。
あいまいすぎる。


と思って調べてみたら面白い記事が出てきた。



ホテルザッハーVSデメルのザッハトルテ戦争



【要約】

最初にザッハトルテを作ったホテル・ザッハー(以下ザッハー)
 ↓
ザッハー、ホテルの経営危機に陥る
 ↓
デメルが援助申し入れる
 ↓
さらにデメルの娘がザッハーに嫁ぐ
 ↓
なんやかんやでデメルでもザッハトルテが作られる
 ↓
ザッハー『うちのがオリジナルや!』
 ↓
デメル『うちのもザッハトルテや!』
 ↓
7年の裁判の末、ザッハーのが『オリジナル』
デメルのが『デメルのザッハトルテ』で決着
 ↓
つまり…厳密に元祖ザッハトルテはザッハーの方らしい






へぇ~
歴史とかだとこんなに調べないのにケーキだと気になる不思議!




とまぁここまで調べた結果、食べるならホテルザッハーかな、と。




っておもったんだけど、某所で知れた『おいしいケーキ屋さん』が気になり、
ホテル・ザッハーの目の前をスルーし、別のケーキ屋に行ったよ…。













OBERLAA


0630_3.jpg

おべーらーって読むんかな。HP見るだけでよだれがでる!
ウィーンに何店舗かあるみたいで私はシュテファン寺院の近くのに行ったよ。






ここのザッハトルテは『ショコラトルテ』と表記されてた。






0630_4.jpg

これ!!


感想:
3口目まで絶品!あと苦行!



ザッハトルテって不思議なケーキなんやわ。
最初口に入れたら『何コレおいしいやんか!!』って感動するんだけど
食べてるうちに『もういらん』ってなる。おかしくね?
これじゃあ『おいしかった』とも『まずかった』とも言えんやんか。







0630_5.jpg

こんなんも食べたよ!
アイリッシュなんとかかんとかムースなんとか…。

これは最後まで美味やった!









0630_2.jpg

そしてこれ!!

ショコラムーストルテ!
(右上のはエスプレッソにクリームのせたコーヒー)










これが絶品でした。

今までで食べたムース系のケーキの中で

ダントツでした。
















結果:

OBERLAAのショコラムーストルテがおいしい












ザッハトルテはジャムとお酒が結構聞いてて
かなり甘くて重たいケーキのため、
付け合わせの無糖クリームがないとキツい。

さらにジャムと酒の味で癖があるため
人によっては苦手な人がいると思われる。

だから人によっておいしかったりそうでなかったりするのねー。
食べて納得。




ちなみにホテルザッハーのザッハトルテはウィーンでしか食べられないけど
デメルは日本にも支店があるみたい。
ホテルザッハーはインターネットでお取り寄せできるみたい。(すげー!)










ザッハトルテは一回で十分なためホテル・ザッハーはもう行かないと思う。

私はOBERLAAのショコラムーストルテを猛烈におすすめします。

あとOBERLAAのバナナフラッペも今までもバナナジュースのなかで
ダントツに上品な味がして意味がわからいくらいおいしかったです。








OBERLAAは2回行ったよ!




あーおもしろかった。
ウィーンだ!
ウィーンっていうだけでなんかいい響き!



とりあえずどこかに行こうと思って歩き方を開くと
なんか世界遺産の宮殿があるらしい、ふむふむ。
『世界遺産』かー、いってみよ。



ウィーンは都会だから地下鉄が便利で迷わん。ありがたし。










0629_2.jpg

びゃーん!ひっひろい!
シェーンブルン宮殿。ブルンブルン。




中は、超お金かかってる!って感じ。
まるでベルサイユ宮殿。
見ごたえはある、ある、なのになんだか感動が薄い…

ハプスブルク家がお金持ちだったことはわかった。







この宮殿、庭もすごい。








0629_1.jpg

びゃーん。

丘まで遠い。

あの丘からはきれいな庭が見えるそうだが、
この距離……いやだ…。

庭もいろいろ散歩できるんだけど、
一度ベルサイユ宮殿の庭で迷ってさんざんな思いをした経験があるため、
観光放棄。








こんなでかい宮殿に庭。金持ち過ぎ。
宮殿の中は撮影禁止のため写真はないけれど、
『これでもかぁ!!』ってくらい豪華やった。









さらにここだけじゃない。
後日いったウィーン美術史博物館もすごかった。







06292_1.jpg

しゃらーん!







06292_3.jpg

みっちり!







だいたい宮殿の中もこんな感じでみっちりぎっちり金ぴかやった。








06292_2.jpg

壁中絵が飾ってある。






しかもここの肖像品もけっこうよかった。
『あっこれ知ってる!』って絵がいっぱいあった。
個人的おすすめはアルチンボルト
















あまりに金!金!金!って印象を受けたから
一体ハプスブルク家ってなんなんやと思ってググってみたけど
よくわからんかった。

わかったのは



政略結婚してるうちになんか領土広くなった




ってことかなぁ。
とにかく一時すごい領土もってたっぽい。
そりゃあお金もちだわなぁ。







なのに宮殿も美術館も入場料たかいのは勘弁してほしいわー。
(宮殿11ユーロ~、美術館12ユーロ)
※リアルタイムはウィーンなう!


ミュンヘンからザルツブルグにユーロラインのバスでイン!
節約大王A氏のサーチによりユーロラインのバスが一番安いと判明。
お値段19ユーロ、但し7時発。はやいー。

バスの中ではもちろんガン寝。
到着は例のごとく運転手、じゃなくて節約大王に優しく起こされる。
いや、ほんとに優しくおこされてやや感動した。
運転手は目的地叫んでたたき起こされる感じやったからね。







ザルツブルグは、サウンドオブミュージックモーツアルトの街らしい。
両方とも中途半端にしか知らん…!







とにかく観光やー。

節約大王が地図読めるため、まかせる。










0628_5.jpg

モーツアルトの生家!
ここ、なんかよかった。楽譜とかピアノとかあってちょっと感動した。
ここから名曲が生まれたのかー(よう知らんけど)







0628_3.jpg

ザルツブルグは看板がすごいかわいい!






0628_4.jpg

マックがこれやで!












あと、宿でもらったマップにパン屋らしきマークを発見。
プレッツェルのマークやった。
私はそれがどうしても気になってどうしても食べたかった。

そしたら最後の方でやっと発見!











0628_2.jpg

ちょううまそう!今見てもうまそう!


チョコを食べたよ。
今これ見たらドーナツのやつもめっちゃ食べたい。
食べればよかった…。


この味付きプレッツェル、2.5ユーロでかなりのでかさ。
めっちゃお腹ふくれる。節約大王は満足したようだ。






0628_1.jpg

ひひーん。これおもしろい。










そしてサウンドオブミュージックの撮影場所、なんやけど
見たのがかなーーーり昔、ほぼ記憶になかったため、ようかわらんまま観光。


あとで調べてみたら、ちゃんと観光していたことが判明!


噴水とか、公園とか、教会とか…。行ってたんだ…。
ただし、まともな写真がなかった。おーじーざす、残念じーざす。
まぁいっかー。








その日の夜節約大王はヴェネチアに向かったためお別れ。
ほんとうは節約大王も一泊する予定がその日の夜行が安かったためキャンセル。さすが大王。
私は翌日の電車でウィーンいん!なんと47ユーロもしたよ電車代!
ユーロラインのバス使ったら安かったんやろうけど
朝寝坊してチェックアウトギリギリに起床したためもうめんどくなって電車で移動した。

節約にはほど遠いなぁ私。残高見るのがこわいわぁ最近。

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。