15 チェコ
Top Page >  15 チェコ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0705_1.jpg

最終日にやっとカラッと晴れたよ!
時計塔のまわり。ここすんごい人だらけ。







0705_2.jpg

からくり時計。1時間置きにチンチロリーンって鳴ってラッパがプップーいう!
その度に拍手。毎時間拍手。





0705_7.jpg

カレル橋。彫像が並んでて夜見るとすごい怖いよ。
ここも人だらけ。プラハ、観光客だらけ!










プラハの旧市街は本当に人だらけ。
ほぼ観光客で、旧市街の建物の上の方は空き屋っぽかった。
ローカルの人達をぜんぜん見なかったからどこに隠れてるんやろーって
思ってたんだけど、新市街のほうにすんでいるみたい。

そのため旧市街は『ざ・観光地』といった感じ。
今まででベスト3には入る『ざ・観光地』で、そこが今一やった。











0705_3.jpg

プラハ城内の教会にあるミュシャのステンドグラス。
これすんごいキレイやった。色がなんかすごいキレイやった。





0705_6.jpg

城からの眺め。プラハすごいキレイな街!






0705_5.jpg

城内の黄金路地っていう城に使える人達が暮らしてた路地。(有料)
その中にあるカフカが住んでたお家。
カフカは変身を30ページくらい読んであまりの描写に気持ち悪くなってやめた…。




この黄金路地の2階には錬金術士達が作った甲冑のコレクションが展示されてる。
おもしろい甲冑がたくさんあってここがすごいたのしかった!
昔の技術ってすごいーー。






その中でなんか気になったもの。

0705_4.jpg

カーミッコさんの似顔絵が真っ先に浮かんだ。
ほら、目がね…。似ててね…。









その日の夜行でプラハからポーランドのクラクフに移動。
治安が悪いと噂の夜行電車に乗ったよ。

寝台にしたためちょっとましなんかな。
同室はピッツバーグ出身の老夫婦だったため穏やか。
何事もなく無事クラクフにとうちゃーく!

ただ、車掌さんが

『荷物の安全のため必ずドアにロックをかけてください。
停車の度に誰が乗ってくるかわかりません』


ってめっちゃ念押しで注意してくれた。
寝台はこれで3回目だけど、こんな注意を受けたのは初めて…。
やっぱりたまに盗られたりする人がいるんかも。






------------------------------------------------------------------------------

■プハラ→クラクフ

夜行電車/2等/寝台/6人コンパートメント
約50ユーロ/約10時間/シーツ・ピロー付

車掌さんが30分前に起こしてくれるよ。
座席の方は乗ってないので不明だけど
けっこう途中の駅に停車するため荷物は厳重注意。
ワイヤーロックは必須かと。

ちなみにこの夜行は一回スロヴァキアを経由する。
その辺は私がチケット購入したプハラ駅の人が
かなり丁寧に詳しく教えてくれたよ。親切やった。

この夜行電車はバケーションシーズンになると
学生旅行客が増えるらしく、フルに近い状態やったから
7、8月のシーズンは予約は早めの方がいいかと。
(車掌さん情報)


・バスに関して
バスステーションで聞いたところ1社だけあった。
ただ昼間の運行しかなくて38ユーロくらい。
バス会社の人は『電車の方がいい』って行ってたなぁ。
たしか電車と変わらず10時間くらいだったかと。

------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
刺されまくってナーバズなう!



なんか最近よく虫にさされるんやけどこれなんで?


3年前西ヨーロッパまわったときも
去年オセアニアまわったときも

全然さされなかったのになんで??東ヨーロッパなんで??


しかも腫れるしかゆみがなかなかとれないし
掻いちゃいかんと思っても寝不足でイライラして掻いちゃうし
掻くとあとのこるし痕きになるから自分の皮膚みて落ち込むし
なんかすべてが悪循環。


唯一の救いはムヒやらかゆみ止め持ってることやけど
これらを凌駕する強力な痒みはこれなに??




一回南京虫に刺されてからというもの
それ以外に刺されてもものすごい恐怖に陥るし
他のダニもすごい痒いってわかったからそれも怖いし
南京虫に刺されてトラウマになるって本当何だなーと実感。



だんだん心も狭くなって
なんで他の人じゃなくてわたしなん?って思うし最近。
ノンストップカユミってきついわー。
ちょっと休憩したい。痒くない日々を送りたい。
実家帰って安全なベッドで引き蘢りたい。そして痕をなんとかしたい。




だいたい寝不足で痒いと観光できないんよね。
一回刺されるとその次の日恐怖で『寝た』と思っても
すごい眠りが浅いんやよ、寝ながらポリポリ掻いてるしね。

行こうという気力という気力がそがれて
とても外に出ようって気にならない。眠しいだるいし。

幸いチェコは気温がそんなに高くないからまだましなんやけど
これイタリアみたいにあっついとこ行ったら痒さ10倍くらいになるしね。






スペインフライトが9日やからそれまでに治るかも!
っていっても結構ギリギリ…。
治ったとおもってもスペイン、しかもマラガやから
絶対に暑いにきまってる…。

治ったと思っても暑かったら絶対痒み再発するわ。





楽しみなスペインが台無しになる。このままやと。


そんな思いもまたストレス、肌荒れにも繋がる…





ダニやら蚊やら南京虫が生物ピラミッドのどこに属してるか知らんけど
Gブリ同様まじで地球上から消えてほしい。



いっちばん腹立つのが楽しみたいのに痒いせいで楽しめないこと。
痒くて邪魔されること。イライラするわー。
次から荷物に虫除け対策めっちゃやってやるわ。ほんっと腹たつー。
宿で女子大生と知り合う。
私も大学生だと思われる。
そういうことにしてもらう!
一緒にグルメに出掛ける!







0703_01.jpg

キュビズムを意識したとかいう建物の中のカフェ。
どのへんがキュビズムなんかわからんけどおしゃれー。








0703_02.jpg

コーヒーカップかわいい!





0703_03.jpg

そしてケーキ。
チェコの伝統的なケーキらしい。
シュークリームみたいな生地でうまし!
あんまり甘くないのがいい!












0703_04.jpg

その子についていって橋をわたったり。
楽だ…。

最近の大学生ってなんでこんなにしっかりしてるんやろ。
私が学生のときなんかもっとぼけーっとしてたし
何も考えてなかったわい。
話してて年齢差感じないしなぁ。あっ私が子供なんかもしれんのか…。
その子が早熟なんかなぁ。すごいなぁ。

















0703_05.jpg

夜は有名らしいレストランにいったよ。
ここのマスコットキャラクターの彼が可愛くないよ。
死ぬほど可愛くない、と言っていいくらい可愛くないよ。







0703_06.jpg

なのに店内の至る所に彼。
これはイスの背もたれについてた…。きもい…。

楊枝入れ、灰皿、花瓶、などなど、すべて彼のプリント付き。
こんなに可愛くないキャラはなかなかいないだろうなぁ。
なんでここまで彼を多様するのかわからない。絶対はやらない!
















0703_08.jpg

チェコビアー!ピルスナー!
ドイツ同様さっぱりすっきりで飲みやすい。炭酸も薄い。
これは500mlで180円くらい。やっす!











0703_09.jpg

本日のディナー!ローストポーク!
そしてチェコの伝統的なパン。肉まんみたいなパン。
あと芋ようかんみたいなパン!これ意外においしくてヒット!
でもM子は『芋ようかんにしか思えない』





0703_10.jpg

もり合わせー!
これが絶品やった。

チーズもハムもピクルスもマスタードも絶品!
これで850円!やすうー。
二人でシェアしたから一人1000円くらい。やすわー。








あぁ、食べてばっか。










この盛り合わせのメニューがすごい気に入った私たちは
翌日も同じ店に行ってビールと一緒にいただいた。
うますぎる。チェコのハムもおいしいんだなー知らんかった!
ウィーンからプラハ!
久しぶりのバス移動、トルコのサービスを超えるチェコのバス会社にびっくり。

トルコのバスで唯一残念な点『トイレがない』を克服!

外国のバス乗ってると日本のバスってもしやおくれているのでは?
と思うことしばしばしばしば。Wi-Fi付きってすごいよねー。







目的のホステルに無事到着。
最近迷ってない!すごい成長してる!







目的のホステル、入り口が普通のホテルみたいで一瞬『あれ?』となる。
(エントランスが自動ドアってさ…)
でも中のドミすごいよ、今回の旅行最大の20人ドミだからね。
でも超快適・充実設備だよ。なのに9ユーロって激安。あと冷蔵庫あれば文句なし。








荷物おいてすぐにミュシャ美術館行ってきた。閉まる閉まる!
8ユーロくらいしたよ…たっか。狭いのにたっか!
よく考えたらミュシャって版画だからさー、なんか損した気分。

油絵が3点とスケッチその他直筆の物がみれたんはよかったけど
ちょっとあれであの金額ないわー。
ミュージアムショップは充実してたけど
ミュシャは日本でも比較的手に入りやすい作家だから何も買わんかった。





そのまま旧市街ちょろっと見てきた。







0702_3.jpg

わいわい。
なんか音楽祭的なんやってるっぽい。





0702_2.jpg

じゅうじゅう。

まっ…また肉…!!







0702_6.jpg

そしてポテト…!!





もちろん食べたけどね。

ニョッキとベーコンとキャベツの炒め物。うまし。









ミュンヘン→ザルツブルグ→ウィーン→プラハと移動してるけど
やたら肉料理充実。特にソーセージの充実っぷりすごい。

それに加えわたし、甘いものも多量に摂取してたため、
今おなかぽよーん。確実に太ってるよ。体重計ないからわかんないよ。











0702_1.jpg

ふんどし!

この彫像すごいよ、お腹にちゃんと力入ってる感じがすごいリアル。

















そして帰り際に見つけた奴…







0702_7.jpg

こらあかん、本場や。買ってまう…。
(ちゃっかり翌日営業してるかチェックしたよ…)







------------------------------------------------------------------------

ウィーン→プラハ(ブルノ経由)/バス

STUDENT AGENCY
トイレ付/FREE Wi-Fi /FREE ホットドリンク/映画・ラジオ・新聞・雑誌有/
5hで16ユーロ!Web予約可、Eチケット印刷不要。キレイ!

------------------------------------------------------------------------

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。