17 スペイン
Top Page >  17 スペイン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0803_1.jpg

最後は贅沢に観光地でタパスを食いまくったよ。






スペイン最終日……クーラーで体調を崩し宿から一歩もでんかった!
あかんなーと思ってたらポルトガルからルートが一緒なN氏からお誘い頂き
最後のスペイン食べ納めに行くことになったよ。

N氏40歳超えてるのに若々しくてえらそうじゃなくて
歳の差をぜんぜん感じなくて少年のようにキラキラした方で
しかもすごい経歴をお持ちの方で礼儀正しくジェントルマンで
とてもお世話になりました。世の中いろんな人がいるんだな。
次元大介くらいかっこいい方やった。次元帽をすすめておいた。

そのN氏が連れてきた人がニュータイプの旅行者で
久しぶりに涙流して笑ったよ…一人でずっとしゃべってるんだもん。
本当に世の中いろんな人がいるんだな…。




楽しくご飯を食べて夜のサグラダファミリアを見に行って
いい感じにスペインをフィニッシュしたよ。






で、宿戻ったらバカなイタリアン男子がギャーギャー騒いでるの。


2回ほど『静かにしてくれ』って冷笑でお願いしたんだけどね…
言ってもすぐ忘れるみたい。バカだから。
それにバカだから私が怒ってることにも気付かない。
平気でしゃべりかけてくる。たぶん、脳みそ働いてない。


せっかく楽しくおわれたのに最悪…。


そのまま寝不足のままフライトのための移動。








寝不足でぼけーっと歩いてたら財布おとした。



あれ?おさいふがない…??(混乱)



ってキョロキョロしてたら後ろから好青年が財布をくれた。
私は彼が去ると同時に中身の確認をした。



何もとられてない!



怖くて何回も確認したよ。
現金はともかくカードは困る!っておもって。
運良く何も盗られてなくて本当に私運がよかったー。

ほっとしてたらおっちゃんに『気をつけな!』的なことを
スペイン語とジェスチャーで言われる。

はい!その通りです!ってペコペコしてたら
おっちゃんジェスチャーで『先歩け!俺が荷物見ながら後ろいるから!』
って言ってくれる。

一瞬おっちゃんを疑ったけどバックパックの盗られやすいとこには
金目の物は何も入ってないからいいやって思って先歩く。





おっちゃんは普通にいい人だった…。


私が地下鉄の落ち着いた場所に着いて振り返ると
満足そうに後方でうんうんうなずいてる………グラシアス!アミーゴ!




彼らのおかげで何事もなくジローナ空港に着くことできた。
そもそもスられたんじゃなくて、落としただからね……。

これも全部あのバカなイタリアンどものせいだ…。
責任転換。









これからまた東ヨーロッパをまわりつつ南下します。
スポンサーサイト
0731_1.jpg

ナウシカに出てきそう。( カサ・ミラ)





2回目のバルセロナ。
危険や危険や言われてるバルセロナ。


一眼持ってきたからここぞとばかりにガウディとりまくる!
質より量!数打てば当たる!ぱしゃぱしゃ。
そうだ私もサグラダファミリアと一緒に写ろう!
って思って近くにいた撮影中の日本人ご夫婦にお願いしてみた。






『あのぉ、写真撮ってもらっていいですか?
よければ私もお二人の写真撮りますので』



夫婦『えーっ……結構です…息子を待ってますので』(いそいそ)


『えっあのせっかくなんで撮りますよ』(なんかおかしいな)


夫婦『結構です!』ピシャ!


『えっあっはぁ…』(???)





逃げるように去る夫婦。






夫婦『今のアレよアレ!本当にいるのねぇ』






聞こえてるよ!!アレって何!!
私アレじゃないよ!!普通の観光客だよ!!

なんか、とてつもなくむなしくなった…私アレじゃないのに。
そもそもアレってなに………そんな新手の盗人がいるの…??
最近のガイドブックには書いてあるの…??


まぁ、このくらい警戒してる人がいる方がいいのか。
日本人が盗られやすいとか思われたら嫌だもんね。。
でも私アレじゃないもん…………







2時間くらい落ち込んだ。







実際のバルセロナ、中心地(ビーチ除く)を歩いた印象だと
さして危険だと思わなかった。
むしろ観光客が多すぎてテーマパークみたいだった。
日本人より韓国人の方が狙われそうな印象を受けた。(服装と持物)
私は人がたくさん歩いているところしか歩いてないし
夜は出歩いていないから、本当のところはわかんないけど
普通に観光するぶんには問題ないように思う。
歩き方…ちょっと過剰に書き過ぎなんかも。

夜出歩かないのは、在マドリードの某宿の管理人さんが
『バルセロナの夜の一人歩きはやめた方がいい』って言ってたから
それを守ってるだけ。一人でなければ大丈夫に思う。パッと見の印象。






はぁ、アレってなんやろう。
7月24日、プラド美術館から外に出ると、大通りをデモが行進してた。
普段なら『ただのデモ』で興味も何も湧かないんだけど、
下記理由でいろいろ調べてみようと思った。


・参加者にバックパッカーが多い
・若手アーティストらしき人が多い
・キャンプをしている
・欧州各国からマドリードのソル広場に集結してる
・メディアが大々的に取り上げている



何か、いつも見るデモやストと様子が違うように見えた。
彼らは『国の銀行は国際的詐欺だ!15Mに参加しよう!』と訴えてる。
間違えた日本語訳の旗もあったよ。






いろいろ聞いたり調べたりした結果、以下のことが分かった。






・すべては5月15日のデモ(15M)から始まっている
・未だにデモを継続している
・マドリードだけではなくスペイン各地で行われてる
・スペイン各地の広場で抗議キャンプをしている
・大元は Democracia Real YA という団体







そして彼らの訴え

「経済危機の責任はバブルを誘発して暴利を貪った金融機関にあるのだから、そこから生じた多額の負債は金融機関が支払うべきである。にもかかわらず、国家が金融機関の負債を肩代わりし、その結果予算が不足したからと言って、医療保険、教育、年金といった基本的な社会保障費をカットして、そのしわ寄せを市民に被せる政府の方針はおかしい。だから、今行われようとしているのは、危機を口実にした詐欺で、市民からの公的資金の強奪だ。」

http://ramonbook.wordpress.com/より引用)



つまり、

自分らのツケは自分で払え!
なんで国民のお金を使うんや!
それは詐欺だ!強豪だ!!


って言いたいんだと解釈した。
ざっくり、そんな感じで怒った人達が抗議してるみたい。






原因は

なかなか回復しない失業率
(20%、若者に関しては40%)







私が好きなスペインがこんなことになってるんやなーって悲しくなった。
そんな雰囲気は街をあるいてて全然感じなかったのに。
例えばギリシャとかなら『景気わるそうだ』って感じたけれど
スペインに関してはあんまりそういう風な雰囲気は出てないように思った。
色眼鏡じゃなく、単純にそう思った。





キャンプはスペインだけじゃなくて周辺諸国にも広がってるらしい。
運動として大きなものになっていってる。

団体の公式サイトを見ると、またデモをする予定もあるみたいだし、
何より根本の問題が解決していないため、デモはまだまだ継続するみたいだし。

エジプトなどの中東問題もそうだけど、
今回もツイッターやフェイスブックもフルに活用されてる。
そして今回のスペインのデモも、小さいところから人々が賛同して集まってる。








このスペインのニュースは、おそらく日本では大々的に取り上げられてはいない。
(ぐぐってもあんまりでてこなかった)





詳細は理由は私にはわからないけれど(勉強してないし)
ただ今回のこのデモは過激じゃないし、かなり平和的アプローチだから
ニュースにはならないのかな。
ガンジーみたいですごい高レベルな訴え方だと思うんだけど。

だってデモの中心地が広場で平和的・開放的だから誰でも参加できるし、
誰でも興味がわくことができるし、私だってその一人だし。








私はこのデモに対して何か意見できるほど情報を持ってないけれど
なんとなく、このデモは重要に感じた。


中東のように過激でない分観光もできるし(むしろ参加もできるし)
表立って『わーひどい!』って感じがないんだけれど
根本の問題がひどいから、そのうちもっと大きくなったりして。
って勝手に思ってる。他の欧州国でも同じようなデモがおこったりとか。
あくまで私が勝手に妄想してることだけど。





ただ、何かこれ見た人が、へぇそんなことが!
って思ってほしいなーって願望が珍しく湧いた。
ジャーナリストの気持ちってこういう感じなんだろうか。





自分の好きな国だからこそ、いい経済になってほしいなーって思うし
今スペインがこんな状態だってことが悲しい。
それなのに人々は陽気に『オラ!』って声かけてくれたりして
ぜんぜん負のオーラを感じない。明るい…すごい…。







今回この記事を書くにあたって
自分の文才のなさを切実に感じました。わかりにく!!
もっと何か知ってる人いたら教えてほしい!
情報サイトが少ないし根本が深くてよくわかんない!






参考サイト:http://ramonbook.wordpress.com/
勉強になりました。
書いてた記事が消えた!これ初めて!!なえる!!かえせこのやろー!!
とりあえずスペインを満喫してる記事を書いてたのに…くっそう。


とりえあず、ビルバオなうです。
グッケンハイムビルバオ美術館を川越しに眺めてるよ。
これ見るためだけに来たよ。ひゅー!ふらんくおーげいりー!



その次はバレンシアに向かうよ、真のパエリアがそこにはあるらしい!
真のパエリアは鶏肉とウサギ肉でできてるらしいよ。すげぇ食べてみたい!!





1日1生ハム生活も満喫中。
体臭がハムにならないかが今すごく心配です…ってN氏に言ったら
その程度ではならないって言われた。はぁよかった。








バレンシアの次はバルセロナでガウディして
そのあとまたポーランドもどって、
リトアニアにinして、
ビザを取る努力をしてみて、
それ次第でルートが決まる…予定。






うまくいくといいな!!
食べ物おいしい


太陽まぶしい


建物かっちょいい


美術館の所蔵品すごい









そんなこんなで

スペインが楽しくて好きすぎて

なんか忙しい!じたばた!






相性がいいみたい。
はーーーーー感謝だ。
セビーリャまとめ。

0713_01.jpg

アンダルシアの街はオレンジの木がいっぱいある。
これ、おちてこんのかな…。








0713_03.jpg

旧市街。きいろエリア発見!







0713_02.jpg

こんな近代的な建物発見。
メトロポール・パラソルっていうらしい。すごいキレイやった。








0713_09.jpg

カテドラル!




0713_05.jpg

きんきらきーん。ぎっちりみっっちり。何がなんやら。




0713_07.jpg

天井がめっちゃ高い!




0713_04.jpg

コロンブスの墓!らしい。運ばれてる。





0713_08.jpg

併設してる棟からカテドラルを上から見れる。
このカテドラル、中もすごいけど外観もすごい!

そしてここの棟、スロープでできている!
だからすごいのぼりやすかった。
なんでやろ~と思って歩き方見たけど『不思議な作りになっている』
そそれじゃあわからん!!ってぐぐってみたら、
馬が登れるようにって書いてあった。あかんなぁ歩き方。


















ほんでここのカテドラル横のアルカサスがすごかった!

0713_11.jpg




0713_10.jpg




0713_12.jpg

グラナダのアルハンブラとはまた違った感じキレイ!
結構ひろくてばてた…。
グラナダと同様に立派な庭もあった。











0713_13.jpg

スペイン広場!














と、灼熱の中まじめに観光。見所結構あるし!
何をどうまとめていいやらってくらい濃い2日間の滞在やったセビーリャ。
もちろん食ったり飲んだりもした。すべては書ききれない。

最後の夜に気力をふりしぼってタダでみれるフラメンコに行ってきた。
(ドリンクは有料!でもサングリア2.5ユーロとかで安い)

写真はないけれど(カメラおいてった)これは本物を見たいとわからない。






私が見たフラメンコは3人1組。

・踊り手
・歌い手
・ギター





どの人もすごかった。

中でも踊り手のおばちゃんのどや顔がすごかった。
あの迫力、目だけで殺されるかとおもうくらいの眼力。
おばちゃんが踊りだすと空気が変わる。目が離せない!

フラメンコってすごー。













って感じでアンダルシアをハードに移動してた。
なのにスペインタイムで行動してたため、睡眠時間がだいたい5時間…
現在くったくたで眠い!
でも2回目だけど虜になるアンダルシア。なんなんだろうこの空気。
離れるのが寂しい…さよならー。
0712_1.jpg



見・れ・た!





この時期(7月初め~中旬)はひまわりはもう垂れる時期。
シーズンは6月。

私が見たときはほとんどぐったり垂れてた…
満開のひまわりはもう見れないか、残念…って思ってバスから外見てたら
ほんの一部だけ、まだ若いひまわりの一軍を遠方に発見!
すぐにカメラ取り出して準備、そしてやっとこさ撮れたのが上の写真。







圧巻!






黄色が、光ってる。
遠くから見てもまぶしいくらいの存在感。
辺り一帯が一面黄色!これぞアンダルシアのひまわり!!

ここに来たかいがある。本当にきれい!

ひまわりって花がでかくて背もたかくてまっ黄色でバーン!って感じやから好き。
あーーアンダルシア最高!
外国に住みたいとか微塵も思わないけどアンダルシアはちょっと惹かれる!






---------------------------------------------------------------------------

■アンダルシアのひまわり

6月がベスト!
ただし7月でも一部若いひまわりがある!

コルドバからセビーリャにかけてひまわり畑が広がってるよ。
(コルドバからレンタカーで見に行くことも可能)

私はコルドバからセビーリャのバスの中から鑑賞。


★重要★
・ひまわりは南とか東向きに花が向いている
・バスは東から西に向かう

上記理由から
コルドバからセビーリャのバスに乗る際は右側に座ること。
その方がひまわりのがよく見れるし、座席も北側になるからまぶしくないよ。


ひまわりのシーズンにこの路線に乗って
運良くバスの運転手さんが止まってくれたって記事をどっかで読んだけど
私のときは完全スルー。ちなみに他の乗客は興味なしやった…。


バスの値段は…たしか10ユーロちょっとやったかと(忘れた…)
2時間くらいで着いたよ。トイレ付いてたよ。

---------------------------------------------------------------------------

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。