トンガリロクロッシング
Top Page > スポンサー広告 > トンガリロクロッシングTop Page >  02 ニュージーランド > トンガリロクロッシング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【トンガリロ国立公園/晴れ】



■トンガリロクロッシング

Mt.トンガリロとMt.ナウルホエの間あたりを6時間半かけて歩く。
全長19.4キロ。

景色がきれい、途中の見所もりだくさん。
結構険しいアップダウン、岩、傾斜。
最低限の山登りの準備は必要です!な山歩き。

世界遺産&景色キレイだけあって、超人気コース。
山好き~好奇心まで、多種多様、国籍・年齢・技術の人たちが歩く。
ニュージーランド北島のメインといっていいほどの観光スポット。

コースは往復ではなく、片道。




■行き方

各宿泊施設からたいていバスが出てる。YHAも出てる。(30ドル)
ツアーとか別個でもバスにのれる。

ただし、どのバスも時間内に戻ってくること

置いていかれることはないらしいけど、電話で連絡するか、緊急の場合ヘリを呼ぶらしいよ。。
YHAの場合、行き7時15分、帰り16時。
だいたい8時間の猶予が与えられる。
一回も休憩せずに歩いたらだいたい6時間らしい。




■準備

ウィンドブレーカーとかレインウェア・スニーカー(登山靴なら好ましい)
食料・水・帽子・サングラス・日焼け止め・簡要救命用具・地図・携帯
それらを入れるリュック(20ℓ以上)

これは、確実に必要だと思いました。
持ってない人もいるけど、自分の命が大切にすべき!持ってくべき。

私はさらに、寒がりだから、防寒着を結構持っていった。服装は以下↓
上:ユニクロヒートッテックの上にTシャツ・フリース・ウィンドブレーカー
下:レギンス・カーゴパンツ・レッグウォーマー +ウィンドブレーカー
予備にカシミアのセーター(極寒時用)、帽子はニット。手袋着用。

そして食べ物たくさん。
結論から言うと、カシミアのセーター以外すべて活躍した。












朝、YHAからバスでマンガテポポというとこまでバスで送迎しもらう。
値段は往復で30ドル。復路はゴールのケテタヒ!

朝7時15分に出発!まじはえーー。ねむい!

しかしスタート地点に立つとなんかわくわくすっぞオラになる!






101123_01.jpg

マンガテポポ。小屋と狭い駐車場があるだけ!







101123_01.jpg

最初はらくちん。




101123_01.jpg

Mt.ルアペフ。きれい。




101123_01.jpg

あっなんかきつくなってきた。
こんなとこ登るんですか??危なくないですか??




101123_01.jpg

と思ったらキレイになってたり。




101123_01.jpg

Mt.ナウルホエ!
基本的に朝日に向かって歩くから、写真が逆光になりがち。




101123_01.jpg

本当に大丈夫ですか?の警告看板。
ここからが大変なのぼり。のぼり。のぼり。。

これ、行きがのぼりで帰りが下りってコースになってます。




101123_01.jpg

101123_01.jpg

緑がなくなってくる。おおおなんか寒い!!









ここから、キツすぎて写真撮れず。ぜぇぜぇ。

ひたすらのぼる。ぜぇぜぇ。

あっおばあちゃんに抜かれた。ぜぇぜぇ。

足がおもい。暑い。でも風当たるとさむっっ。ぜぇぜぇ。

荷物重い。。ぜぇぜぇ。









101123_01.jpg

ひらけたとこに出た!!

えっまだキロ!?



もう、10キロくらいいってたと思ってたのに・・・。ごーん。
ここでちょっと水分補給。







そしてまた登る。

登る。


登る。

登る。

登る。
登る。
登る。
登る。
登る。


























101123_01.jpg

あれ!?Mt.ナウルホエ赤くね!?

すごいキレイ!というか地球外的!!そして寒い!!

















まだまだのぼり。











壮絶にのぼりで、意味のわからない写真ばかりで説明できん。





















するとでてきたコレ!!

101123_01.jpg


赤い!!
とけてるっぽい!!すごいすごい!!

かっちょいいーーーーー!!



・・・でもこれなんやろ。















この辺りから頭痛が。やっぱきたか!!
高山病ではない。それほど標高ないから。多分つかれ。


















そして一番上っぽいとこきた!!


でも写真とか撮ってられん!ぜぇぜぇ。
皆ぜぇぜぇしてる。写真なんか頼めない・・・。
というか、この高さを表現できない・・・。




すると、いきなりカクーンと下りになる。





すごい傾斜。えっ落ちたら結構あぶないんでね?

やっ今上の人石落したでしょ。

砂滑るんですけど。

おおお足とられる。

ロープとかないの??

岩痛い!!

寒い!!

雲??今雲とおった??













・・・・・・・・・


















なんか青いの見える!!
























101123_01.jpg

ブルーレイク!!

これがよく写真載ってるやつか!
すごい!!キレイ!!エメラルド!!

そして透明!!きれいきれいきれい・・・!
ぜぇぜぇ。







101123_01.jpg

すげーー。何この色。










ブルーレイクの横でランチ(2回目)。

あれ?一回目どこで食べたっけ??


そしてイブクイックを投下。15分待機!うん!薬きいてきた!!GO!!




















101123_01.jpg

雪!







101123_01.jpg

何かこの辺から手つなぐひと増えたんですけど。
なんでですか??ちっっ。














下りになって余裕が出てくる。














101123_01.jpg

すごい変な地面!




101123_01.jpg

こんなとこにも花って咲くんや。





















そして今度は超つまらない下り。

ひたすら同じ風景。ええーーーたいくつーーーー!!





たいくつすぎて早足になる。
なぜだか膝にこなくてスイスイ下れた。わたしできるじゃん!!












すると残りわずかってところでいきなり森になる




101123_20.jpg

ごほうび??
すごく気持ちいい。


今までが岩・岩・岩・岩・岩だったから、このギャップはいい!








でもこの森、どこまで続くのかわからない感じでずーーーーーと続く。












まだ・・・??



あれ・・・・・??




前も後ろもだれもいない・・・・


ちゃんとつくのかな・・・??


























と、いきなりゴール!!!

101123_21.jpg


ばーーーん!

ほんと、いきなり。
いきなりゴール。びっくりゴール!どっきりゴール!!





足やばい。棒。がくがく。ぐったり。どっしり。
つかれすぎて、バックパックを肩からおろすのもしばらく忘れる。

でも私歩いたんダーーー。すごい。いきなりで歩けるんだ。
しかも結構楽だった気がする。









かかった時間・・・約7時間!







わお!すごい!早いじゃないか!!

おそらく、下りが早かったんだと思う。
自分でも『下りはやっっ!!』って思ったもん。
めっちゃ人ぬいたし。








なんか、いきなりキャパ広がった。
山が怖くなくなった。わたしできる!!

富士山もきっと登れる!!Yes, I Can !!









幸せな充実感で、帰りのバス、爆睡。
いつの間にかYHAに着いてた・・・。

トンガリロクロッシングが良かった!!ってのもあるけど、
やりきった感の方が強い。がんばったなぁ。
もう一回やれって言われたらNO!だけど。ぶひーー。








そして次の日めっちゃケツ筋痛かった。湿布をだれか・・ください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。