ファーロっていう港町
Top Page > スポンサー広告 > ファーロっていう港町Top Page >  18 ポルトガル > ファーロっていう港町
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボン・ディーア!
ポルトガル、なう!

ポルトガルとスペインは時差が1時間あるため着いてしばらく1時間前行動してた…
そして時間きかれてスペイン時間答えてた…ごめーん!!






0714_3.jpg

ただ今ポルトガルのファーロってところにいるよ。
こんな港町。

もしかしてここってポルトガル最南端!?

って一瞬期待したけど、最南端はサグレス岬ってとこらしい…。
ここファーロは最南端の街ってことになるみたい。まいっか。最南端の街でも。

ファーロで下車する人はまばらで、欧米人はラゴスってもうちょっと西の街に行くみたい。
ラゴスってなにがあるんやろ。リゾート??
ちなみにここファーロは空港もあって、イングランドからの観光客が多かった!











ここファーロにも旧市街があるらしい。
宿のスタッフに地図をもらい、マークしてもらう。
さらにちゃんとしらツーリストインフォもあってそこでも地図もらった。





0714_1.jpg

メインの教会!何教会やろうか。
この写真からどのくらい灼熱かわかるかな…
すごい暑かったよ…







0714_2.jpg

ファーロの町並み。
教会の塔から町並みが一望できる。海も見えるよ!きれーい!







0714_4.jpg

本日一番の衝撃。教会に内にあったもの。
よく見ると…頭蓋骨が埋まってるんだよ…
マリア様の周りに頭蓋骨…で装飾…







0714_5.jpg

ファーロにもオレンジの木がいっぱいあった。
ゴロッゴロでうまそう。取りたかったけど人目をはばかった…。








0714_6.jpg

マーケットやってた。んだけど、ほとんどアフリカ雑貨。
あぁそうか、この海の向こうはアフリカ大陸があるんだなぁ…
モロッコちかいんだなぁ…でも行かないなぁ…遠い目で感慨にふける。

モロッコに一人で乗り込む女子まじ尊敬!
人のブログ読むだけでストレス感じる私は一人ではいけん。












観光2時間で終了。この灼熱の中歩くのは限界がある!
あとは宿にもどって睡眠を貪った。むしゃむしゃ。
あっつい中でも人は寝れるんだね。汗べっちゃべちゃ。

次はリスボン!エッグタルト!!

あっファーロのパン屋さんのエッグタルトも美味やった!(あっすでに食ってた!)









------------------------------------------------------------------------

■セビーリャ→ファーロ
バス/4時間/16ユーロ
途中パスポートチェックだけあった。
そんとき『コンニチハー』『アリガトー』っ言われた!
私が乗ったバスは最終的にラゴス行き。

■ファーロの宿
Faro Lounge GuestHouse
14ユーロ/14人MIXドミ/朝食込み/FREE Wi-Fi(高速!)
簡要キッチン有/冷蔵庫とレンジ有/クーラー無、扇風機有
何より立地がバス停から徒歩3分と好立地!
バス下りてチケット売り場近くの出口でたら宿のある通り。
道わたって右に数メートル歩いたらすぐ!
旧市街やバス停、ダウンタウン、スーパーも徒歩圏内で便利。

アンダルシア地方からリスボン行く途中にあるため
夜行バスを回避したい人にはおすすめかも。
中はまぁまぁキレイ。
ただし、hostelworldの写真は嘘。キレイに撮りすぎ。
スタッフいい人やった~。あっカードは不可!

------------------------------------------------------------------------
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。