グルジアとトビリシの宿
Top Page > スポンサー広告 > グルジアとトビリシの宿Top Page >  25 グルジア > グルジアとトビリシの宿
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グルジア!トビリシ!
よく間違えてトリビシとかトビビシとか言ってた。

トルコ→グルジアの国境も簡単にいった。
簡単すぎて詳細を覚えてないくらい。。





意外にグルジアが見所が多いという衝撃。





メスティア初め軍用道路やその他教会、結構見るとこある。
私はそんなこと知らないで入国。
私が持ってた歩き方なんかロシアにくっついてるペラッペラのやつで
見る気もしなくて特に何も調べないできてしまった…。
よくよく見たらメスティアはトビリシよりずっと西だった…。もう戻れない。。

コーカサスは歩き方より旅行人の方が断然よいな。





トビリシではネリダリの家には泊まらず、ホステルジョージアってとこに泊まった。
ここはなぜか日本人だけ10ラリ≒470円という破格の値段で泊まれる…。
通常は15ラリ。だからこそっとチェックアウトのときにオーナーに払うのです。
でもオーナーは多分15ラリ払って欲しいんじゃないか、って
旅友と勝手に想像。

そしてそこに滞在していた日本人の人達が最近になって情報ノートを作成。
そのおかげで歩き方だけだった私もいろいろ知ることができた。ありがたや。
旅行人のコピーもあったよ!助かる!!

さらに長期滞在してた方々のおかげでトビリシ情報が充実。




さらにさらにこのホステルジョージアではオーナー自家製の白ワインが飲み放題…。
それに加えチャチャという混ぜこぜのお酒もだされ、
昼間は野菜や果物、紅茶にコーヒーを出してくれる…(全部無料!)

もちろんWi-Fiも飛んでるし、フリーのパソコンが1台おいてある…。神…!






居心地よすぎる。







ただ、後々あった友達が

『ネリダリの家に泊まるのは文化保護活動』

って言ってた。なるほど…!!











------------------------------------------------------------------------
■オルタチャラ・バスターミナル→トビリシ駅

マルシュ1本で行ける。
マルシュ乗り場!っていう乗り場がなくて
ヒッチみたいにつかまえないと乗れないため
そのへんにいる優しそうなおじさんに聞くのがよい。
80テトリ。
------------------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------------------
Hostel Georgia

駅から徒歩5~10分。
ドミ/10ラリ(日本人特別価格)/フリーWi-Fi/パソコン1台有り無料
コーヒー紅茶無料/白ワイン・チャチャ無料
キッチン有り(頼めば使わせてくれる)/情報ノート
ツインの部屋1室有り

×だめなとこ
停電がよくある/トイレとシャワーが狭くて2つしかない
夜間、オーナーが音楽をガンガンにかけるためとっても煩くて
早寝早起きの人にはつらい/ドミが薄暗い

だめなとこが私は気にならんかった。

------------------------------------------------------------------------
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。