ホルビラップっぷっぷー
Top Page > スポンサー広告 > ホルビラップっぷっぷーTop Page >  26 アルメニア > ホルビラップっぷっぷー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0831_4.jpg

世界遺産!




イェレバンからマルシュで行けた。
ここかーい?って所におろされて、そこからは徒歩約2キロ。





0831_1.jpg

Mt.アララト(右側の山)を望みながらの散歩。
すごくキレイやった。
左側は小アララトと言うらしい。

あそこにノアの泊舟が下りたのか…どうなのか…。









このホルビラップ(ホルヴィラップ)修道院には地下幽閉牢があった。
こんなとこ、下りていいの?あぶなくない??
ってなところをはしごでそろーりそろーり下りた。

中はすすだらけで超ひんやりしててこわかった…。

そこは聖グレゴリウス(世界で始めてキリスト教を国教にした人)
が13年間幽閉されていた牢屋らしい。
そういった意味で重要らしいホルビラップ。





中はすぐ見終わっちゃうから時間あまった…。
ほんですごい暑かった。
水をぼったくり的な値段で売ってた。

人が少なくてまわりが広大でよかった。
地元の田舎を思い出した。






Mt.アララトは現在トルコ領。
アルメニアに来るとトルコのえげつない歴史を意識してしまうから怖い。








0831_2.jpg

アルメニアのお墓は墓石に人の顔が刻まれている。
これなら…一発でわかるね。。
そして手前のもりっとしている土がなんともリアル。










帰りはなかなかマルシュがこなくて焦ってたら
若いにーちゃんがイェレバン駅まで乗せてくれた。
(最初は疑って私たちは警戒していた)




最近、ヒッチばっかりになってきたな。
そしてヒッチが当たり前になってきたな。
『あぶなくない?』とか言われるけれど、そこはなかなか答えにくい気がする。
自分なりにルールはあるけれど…。
女王が言ってた名言を勝手に引用。





『世の中悪い人はそんなにいない』






うん、その通りだ。
でも実際に危ない目に会っている人もいるよね?という疑問には
『運もある』と返ってきた。なるほど。

私は女王を尊敬している。
彼女はいろいろすごいことをするけれど、
己の力や体験やその他もろもろを決して過信せず、
誰に対しても対等で好奇心を忘れなから。

そして何より『訪れた国(人)に対する尊敬の念を忘れない』ところ。

“入国させてもらってる”ということを旅行者は忘れがちやんね。




勉強になりました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

なんというか、タイトルがひどいですね(笑)
ぷっぷっぷ~。

ぷっぷっぷーー!!

プププ

 素早く、なおかつ長文のレスポンスを頂き恐縮です。まだ半分くらいですが、一気に拝読しました。私もアラサーだからでしょうか、共感できる部分が多いですねw
 今のところ、ザグレブ最後の時系列(矢印つき)で書かれた記事が大ヒット(笑)。スロヴェニアはポストイナ鍾乳洞とかブレッド湖とか、意外と見どころが多いんですよ~。私もヒトのことは言えませんが、弾丸移動っぷりには脱帽ですm(_ _)m。記事も読みやすいですね。私も見習わねばw
 私のブログはイランに入ったところです。マシュハドに行けたのは羨ましいなぁ。女性の視点だとイランはどう見えるのか、楽しみにしてます。

プップププ

スロヴェニア、そうなんですよね、見所多いことを後で知りました。
いつも行った後に知るという…。残念。
記事が読みやすいなんて初めて言われましたよ!
ほぼ身内向けというか、自分向けというか。ほっっ。

私もアルメニアが終わればやっと弾丸イラン編です。
女性の損得がいろいろありましたね、ふふふ。

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。