弾丸イラン1日目【前編】
Top Page > スポンサー広告 > 弾丸イラン1日目【前編】Top Page >  27 イラン > 弾丸イラン1日目【前編】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私たちは予定より数時間も早くテヘランに着いた。
移動が控えてる身としてはありがたい。


私はここから空港に移動したい。

Sちゃんはテヘラン市内。


アルメニアからずっと一緒だった彼女とお別れ。
顔がソックリまんまるだから姉妹のような気分やったで。
二人でバス乗ったおかげでセクハラにもあわんかった。

全く読めないペルシャ語、通じない英語、濃いイスラム国に
おのおのやや緊張しながらバイバイしたよ。お元気で!





どうやらここは西バスターミナルらしい。




ひとまずペルシャ語で『空港』を連呼。
国際じゃなくて国内便を飛ばす『メヘラーバード空港』の方。

聞きまくってみるけれど、バスがないらしいことを言われる。
ほんまかな…。まぁ時間無駄にしたくないしタクシーでいいや。






英語がしゃべれるおじさんが親切してくれた。

セクハラはさせん…と一定の距離を保ちながらおっちゃんに
タクシーの交渉をさせる。

張り切ってたわりに押されてる…。たったよりない…。





ひとまず交渉終了。
いくらか忘れたけどまぁ妥当なねだんやたんやないか。




しかし、タクシーの中で待たされる。

どうやら強欲な運転手は相乗りさせようと再び交渉に行ってしまったらしい。





イライライライラ…私は今日フライトでエスファハーンまで行きたいんだよ!!





運転手を呼びに行く。
すると別の運転手の車に乗れ的なことを言われる。

あーーもういいよ早く連れてけ。



無事移動開始。





西バスターミナルからメヘラーバード空港は近いため
すぐ着いた。





国内線はターミナル4らしいと聞いたから
とりあえずそっちに行ってみる。







あまりに英語が通じないため断念…………


本当はイラン航空より安い別の国内便をここで見つけるつもりやった。
でも英語が通じない中で他のイラン人と座席争いはできないと判断。
しょうがないからイラン航空が飛んでいるターミナル2に移動することにした。


ターミナル間は距離があるためタクシー………


イランはATMが使えないためあまり現金を使いたくなかった。
ここはヒッチするしかないと思って手当たり次第聞いてみる。
すると乗せてくれる人発見。しかも子供が乗ってるから安心感大!

わーいわーいと思って乗るとしばらくして

『ドルは持っているのか?』

と謎の質問を受ける。


『持ってない』即答。



親切な人だと思ったのに…。。









結構手前でおろされる。

親切な人だと思ったのに…。。








ターミナル2のイラン航空のオフィスに直行。


英語が通じる……!!!!!






今日エスファハーンまで移動したいからチケット売ってくれと頼む。





『フル(満席)』





・・・・(゚Д゚)・・・・














よく事態が飲み込めず、このおっさんが仕事ができないに違いないと思った。
こうなったら奥のオフィスの仕事ができそうなお姉さんに聞いてみるしかない。

お姉さんに聞いてみると













『たしかに今日は満席だけど、
キャンセル待ちの分があるわ。

あなたにオープンチケットを今売ってあげるから
それを持ってチェックインデスクの前で
フライトの30分前くらいまで待ってみて。

もし席が空いていればそのチケットで乗れるわ。
もし乗れなかったら返金してあげる。

あなたが乗れる確率は50%くらいかしら。』





天使!!









おっ…おっちゃんやっぱ仕事できんかった…。
外国ではこうゆうことがよくある。




フライトまで約3時間。

50%というなんとも言えない確率で乗れるのかしら。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

待ってましたよイラン編

始まりましたね。イェレバンからバスで着いていきなりその足でエスファハーンへ移動とかすごすぎるw(あ、まだ乗れたかどうかは分からないけど)
私だったらとりあえずテヘランで宿とって爆睡だろうなぁ。さすがっす。まぁ、帰国が迫ってたってのもあるでしょうが…。
私の場合もテヘラン到着後いきなりバスでエスファハーンへ移動でしたが(イスタンブールから4泊5日の寝台列車!ずっと寝てたのでむしろ動きたかったのです)、運よく列車内で出会った青年と同行できたものの、彼も慣れないテヘラン市内で悪戦苦闘でした。バスターミナル間違えたり、目当てのバスになかなか乗れなかったり。でも一生懸命なのが伝わるので何も言えませんでした。
「女性の方が仕事ができる」ってのは世界共通の真理だと思いますが、特にイランではそれを感じましたね。何しろ男は昼間からダベってばかり(笑)。デスクワークの大半が女性だったと思います。
さて、飛行機には乗れたのかな…?

テヘランで一泊する時間がもったいなくて;
カウントダウンが始まると普段出ない力が出るようです。うふ。

たしかにイランは女性の方がテキパキしてましたね。
空港内では特にそれを感じました。
男性はたしかにダベったり肩組んで楽しそうに歩いていたり…。
まぁいい人たちなんですけどもう少し仕事した方がいいよ!
っと言いたかったです。

もちろん、乗れ…(つづく)

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。