弾丸イラン4日目【後編】
Top Page > スポンサー広告 > 弾丸イラン4日目【後編】Top Page >  27 イラン > 弾丸イラン4日目【後編】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウンチちゃんとの旧市街散策を終えて、宿の戻る。
マシュハド行きのバスは19時出発。
それまでにご飯を宿で食べる事にした。



ここヤズドはあんまりレストランがない。



今泊まっているシルクロードホステルにはレストランが併設されている。
このレストラン、地元の人が食べにきたりもしてた。
そんなにレストランがないのか…。

値段もそんなに高くないため、晩ご飯はここですますことにした。
鶏肉と米の料理。
イランのご飯はあんまりなんだけど、ここのはまだおいしかった。
鶏肉が柔らかくて味かしみていた。
おなかいっぱい!!



バックパックを用意して、皆にさよなら。
お世話になりました。




バス停まではタクシーでいった。
そのへんのを捕まえたら結構安く連れてってくれた。当たりだ。





バス停でマシュハド行きを待つ。




おやつを買ってみた。

そしたらバスのチケットを落した。

そしたら売店のお兄さんが拾ってくれた。





イラン人男性、クソばっかやと思ってたけどいい人もいるのね!
あぁありがとうお兄さん。
あなたがいなかったらマジ泣きするとこでした。





バスは隣はおばあちゃんで安心して寝れた。
イランのバスらしく、途中で夜ご飯休憩。
私は晩ご飯をすませていたから、バスで寝てようと思ったんだけど、

まさかのバス締め切り。


あーーあーーーそういえばそうだった。
前にもこんなことあった。(アルメニアからの国境越えの時)

どうしよう、ひとりだけ食べてないとか浮く…。
皆ピクニックご飯してるのに。
(イラン人はここでも本気ピクニックでご飯を食べるらしい)



そしたら乗客のおばちゃんが夕食に誘ってくれた。
おばちゃんと息子2人、そして私。4人で晩ご飯。


超親切・・・・


ナンと野菜という簡単なものだったけれど、
さらにお腹いっぱいになった。
おばちゃんの優しさで胸もいっぱいになった。


それだけではおわらんかった。


バスにのって寝る支度してると、おばちゃんがやってきた。
そしてお菓子をくれた。




『お腹がすいたら食べなさい』



そんなジェスチャー・・・・
ななななななななんていい人なんだ・・・
涙ちょちょ切れる。







予想通り、爆睡して、気付けばマシュハドに着いていた。






わいわい、ガヤガヤ。
人もたくさん。
なんかシティが見える。






イラン最後の都市、聖地マシュハド。
この旅最後の都市、聖地マシュハド。

どんなところだろーーーー!!!





その前にホテルさがさなあかん・・・
関連記事
その他旅行記事・ランキングを見る→ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 旅行ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。